読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーワード!労災・労災事故ニュース

労災や労災事故をキーワードに気になるニュースをまとめています。

労災死傷者数が減少 (IBC岩手放送)

去年1年間、県内で労働災害によって、亡くなった人とけがをした人の数は、前の年に比べて10%あまり減少しました。
岩手労働局によりますと去年1年間に、労働災害で亡くなった人と、けがをした人の数は合わせて1302人で、前の年と比べて157人、割合にして10%余り減少しました。亡くなった人は19人で、建設業で7人と最も多くなりました。一方、今年1月と2月に労働災害で亡くなった人と、けがをした人は165人で、去年の同じ時期を20人上回りました。最も多かったのは転倒で、地面の凍結や降雪が原因と見られる事故が多かったということです。春を迎え建設業を中心に、屋外での作業が本格的に始まることから、岩手労働局は作業をする際は、ヘルメットをかぶるなど事故防止を呼びかけています。

労災死傷者数が減少 | IBC NEWS