読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーワード!労災・労災事故ニュース

労災や労災事故をキーワードに気になるニュースをまとめています。

時間外勤務100時間超も? 西日本高速道路の34歳社員の自殺を労災認定

 西日本高速道路第二神明道路事務所(神戸市垂水区)で道路の施工管理を担当していた男性社員(34)の自殺について、神戸西労働基準監督署が長時間勤務などで労災認定していたことが25日、兵庫労働局への取材で分かった。
 同労働局などによると、男性は平成26年10月に九州の道路事務所から転勤し、道路の補修や改良を担当。27年2月に神戸市内の社員寮で自殺しているのが見つかった。
 時間外勤務が100時間を超える月もあったとみられるが、同事務所の労働時間を管理する就業管理システムには、大幅に下回る時間外労働の記録しか残っていなかったという。
 他の従業員の残業代の未払いもあったとみられ、同労基署は昨年、同事務所に是正勧告をしたという。
 西日本高速道路関西支社の担当者は、「労災認定を重く受け止める。労働時間の管理を徹底したい」と話した。

時間外勤務100時間超も? 西日本高速道路の34歳社員の自殺を労災認定 - BIGLOBEニュース