読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーワード!労災・労災事故ニュース

労災や労災事故をキーワードに気になるニュースをまとめています。

馬が激突、軽種馬牧場の従業員死亡 日高管内 4頭突然走り出す

 【浦河】日高管内の軽種馬牧場の従業員1人が9月、馬に激突され死亡する労災事故があったことが分かった。浦河労働基準監督署によると、馬による死亡事故は過去15年間起きていなかったという。今年に入り、日高管内の労災事故全体の件数はハイペースで推移し、同労基署は事態を重視。日高軽種馬農協などと合同で、再発防止に向け、13日から牧場への巡回指導を強める。

 同労基署によると、死亡事故は同管内の牧場内の放牧地から厩舎(きゅうしゃ)に馬を引き戻す際に発生。従業員4人が馬を2頭ずつ引いていたところ、馬4頭が突然走りだし、強くぶつかった40代の男性従業員が死亡した。

 今年に入り、日高管内7町で起きた労災事故は9月末で125件(前年同期105件)。うち軽種馬牧場は69件(同53件)と最も多い。こうした事情から、同労基署は9月1日に日高東部の牧場主ら30人を集め、労災防止マニュアルを配り、作業中の安全管理の徹底を求めたが、件数は減らず、今回の死亡事故が起きた。

 このため、同労基署は13日から11月下旬まで、管内3地域の牧場に担当官を派遣し、マニュアルに基づいた労災防止のための取り組みを点検する。

 浦河町の牧場主の男性は「馬はささいなことでパニックを起こす。人手不足も影響し、現場には年配者も多く、事故につながる危険性が高い」という。同労基署は「馬が興奮した際には、馬からすぐに離れることが労災防止には大切」として、牧場主に対応を徹底させる方針だ。

馬が激突、軽種馬牧場の従業員死亡 日高管内 4頭突然走り出す | どうしんウェブ/電子版(道央)

電通女性社員の自殺は労災 入社1年目、三田労基署 ほか

 広告大手の電通に勤めていた高橋まつりさん=当時(24)=が昨年12月に自殺したのは、直前に残業時間が大幅に増えたのが原因だとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが7日、分かった。遺族代理人の弁護士が明らかにした。

 川人氏によると、高橋さんは東大卒業後の昨年4月、電通に入社し、インターネット広告などを担当した。本採用となった10月以降、業務が増加し、11月上旬にはうつ病を発症したとみられる。12月25日、東京都内の社宅から投身自殺した。

 労基署は発症前1カ月の残業時間は月約105時間に達したと認定。2カ月前の約40時間から倍増していた。

電通女性社員の自殺は労災 入社1年目、三田労基署 ほか 19時トップ5ニュース - 共同通信 47NEWS

「農家も労災加入を」 事務組合設置 作業事故など対象 /大分

 JA大分中央会は、農作業中の事故が多発していることを受け、農家が国の労災保険に加入するための窓口になる労働保険事務組合を設置し、県内の農家に加入を呼び掛けている。こうした体制整備は県域では全国で14番目、九州では鹿児島、福岡に次いで3番目。

 農林水産省などによると2014年度に全国の農作業事故で約350人が死亡。県内でも8人が亡くなった。

 

福島被ばく、労災2件目 機械修理の男性が白血病に

 東京電力福島第一原発事故の収束作業で被ばくし白血病になったとして、福島労働基準監督署は十九日、福島県の機械修理会社に勤務する五十代の男性を労災認定した。収束作業での被ばくに伴う労災認定は、二〇一五年十月に続き二例目で、いずれも白血病
 厚生労働省によると、男性は事故直後の一一年四月から一五年一月に慢性骨髄性白血病を発症するまで三年九カ月、福島第一でがれき撤去や汚染水処理などに使う機械の修理を担当。この間の被ばく量は五四・四ミリシーベルトで、現在も通院中。
 厚労省で専門家が男性の被ばく状況を検討し、福島労基署はその見解を踏まえて判断した。厚労省は「科学的に被ばくとの因果関係が証明されたわけではないが、福島第一での業務が発症の有力な原因と判断した」と説明している。男性には治療費が支払われる。
 一例目の北九州市の建設会社社員の男性(42)も、一一年十一月~一三年十二月に福島第一など複数の原発で作業した。福島第一の収束作業でがんを発症したとする労災申請はこれまで、認定された二件の他に九件あり、不支給三件、取り下げ一件、調査中五件。事故以前に全国の原発で作業に従事し、がんで労災認定された作業員は十三人いる。
 <被ばくに伴う労災認定基準> 厚生労働省白血病のみ基準を定めている。(1)年5ミリシーベルト以上被ばく(2)最初の被ばくを伴う作業から1年以上たって発症-の基準を満たし、他に要因がなければ認定される。白血病以外のがんなどは被ばくとの関連性が疑われる目安を示すにとどまる。肺や胃、喉頭がんなどの目安は「累積100ミリシーベルト以上、発症まで5年以上」、悪性リンパ腫は「年25ミリシーベルト以上」、多発性骨髄腫は「累積50ミリシーベルト以上」。

東京新聞:福島被ばく、労災2件目 機械修理の男性が白血病に:社会(TOKYO Web)

工務店代表が無資格で玉掛けし書類送検に

 滋賀・大津労働基準監督署は、無資格にもかかわらず玉掛け作業を行った梅立工務店(=うめりゅうこうむてん、滋賀県野洲市)と同社代表取締役労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で大津地検書類送検した。平成28年4月、同社労働者が頭部を強打し、脳挫傷などを負う労働災害が発生している。

 同代表取締役は、野洲市内の新築工事現場で棟上げを行う際、無資格にもかかわらず玉掛け作業を行った。玉掛けに使用した繊維ベルトが切れ、持ち上げていた梁が落下し、仮設足場に直撃。足場が崩落し、足場で作業していた同社労働者が墜落して負傷した。「資格が必要な作業だと知っていたが、資格を取得していなかった」と供述している。

工務店代表が無資格で玉掛けし書類送検に 大津労基署|送検記事|労働新聞社

クサビ式足場を安く販売する信和キャッチャー専門店

クサビ式足場のトップブランド信和キャッチャーAタイプ、Bタイプ(いずれも純正)を最大69%OFFで販売する足場材のネット販売が注目されています。特にはじめてクサビ式足場を購入する場合は、分かり易くお得なセット販売をしているのが特徴。住宅1棟分や、定番の3層5スパン、ローリングタワー等のほか、イベントに使えるやぐら組セットまで。詳しくは足場繁売.comにお問い合わせを! 問合せ:フリーダイヤル0120-887-995 平日9:00~19:00まで営業

会社の飲み会後の事故死を労災認定 最高裁で「ようやくですか」

職場の歓送迎会に出席した後に車で会社に戻る途中、交通事故死した男性に、最高裁が労災を認める判断を下した(2016年7月8日)。

これまで会社の飲み会は業務性が否定されると考えられることが多く、画期的な判決といえる。

■「事業活動に密接に関わる」と

福岡県のメッキ加工会社に勤務していた男性(当時34)は2010年12月、中国人研修生の歓送迎会に参加した。仕事が忙しいため一度は断っていたが、上司に求められ参加し、酒を飲まずに過ごした。その後研修生を社用車でそれぞれの自宅へ送り、残業のため会社に戻る途中、トラックと衝突して死亡した。

労働基準監督署は労災と認めず、遺族補償給付を支給しなかったため、男性の妻が処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴。一審、二審は労基署の決定を支持していた。

最高裁第二小法廷小貫芳信裁判長は、「親睦のために会社が企画した行事で、事業活動に密接に関わっている」「仕事の期限を延期せず歓送迎会後に職場に戻ることを余儀なくされた」として労災を認定。遺族側の逆転勝訴となった。

会社の飲み会後の事故死を労災認定 最高裁で「ようやくですか」 : J-CAST会社ウォッチ

「心の病」労災請求が1500人超 3年連続で最多更新

 過労などが原因で精神障害となり、労災請求をした人が2015年度に1500人を超え、3年連続で過去最多となった。精神障害で労災認定された人の数は減ったが、高止まりが続いている。

 厚生労働省が24日、15年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。精神障害で労災請求した人は1515人で、前年度比59人増。比較できる1983年度以降で最も多かった。

 労災認定された人は472人で25人減ったが、過去3番目に多かった。6割が30~40代で、うち自殺や自殺未遂者は93人だった。

 業種別で多かったのは道路貨物運送業や介護など医療・福祉、小売業など。原因別では、「仕事内容・仕事量の変化」「月80時間以上の残業」「2週間以上の連続勤務」など仕事量に関するものが目立ち、長時間労働が原因になっていることがうかがえる。

 「脳・心臓疾患」で労災認定された人は、前年度比26人減の251人(うち死者96人)だった。減少は3年連続。業種別では道路貨物運送業が3割。労災認定された人の9割が月80時間以上の残業をしており、長時間労働の影響が出ている。

「心の病」労災請求が1500人超 3年連続で最多更新:朝日新聞デジタル